FC2ブログ

本日の日記

7時過ぎに起床。

昨日はホームページの改装準備をしたけど、その前に母のスカートに裏地を付けるんだった。
ワイシャツもアイロンをかけ直したいし。

午前9時頃から仕事。
納品するワイシャツ2着にアイロンをかけながら、折り畳んでいきました。
うむ。まぁまぁキレイな見た目になった。
これなら開封した時にも喜んでもらえるだろう。
型崩れ防止の為に、カレンダーと市報でシャツを挟んで、ビニール袋に入れました。
書類が入っているクリアファイルと一緒に紙袋に入れて、余分な厚みをガムテープで留めました。
取り出し口はまだ封をしないでおこう。
これでワイシャツの梱包が終わりました。

午後12時半になりました。

次は母のスカート。
裏地を裁断します。
いつも新規に服を作る時は型紙を作って、それを当てて裁断するんですが、修繕のときは型紙を使わずに、立体裁断に近いやり方をしたほうが早いかなぁ?
ダンス衣装のデザイナーさんがやっていたように、型紙無しで、大きめに切って縫っていく方法をやってみます。

生地の上にスカートを広げて、スカートより5センチくらい外側を裁ちバサミで裁断。
ロックミシンをセットして、生地端をまつり縫いして、糸端を処理。
本縫いミシンに置き換えて、脇を縫い合わせ。

あぁ、片方だけ表裏を間違えたな…。
裁断の時に裏か表かよく見たんだけど、見た目では判別が難しい生地なので、見間違えたな…。
買った時点で三角形に切られている生地だったので、スカートの大きさが収まる場所を探しているときに、こっち側じゃ中表裁断できないじゃん、と裏返しちゃったのが原因かな。
三角形の生地を大きく再利用することって、あんまりないから、再発の可能性は低いかな。

さて、脇が縫えたら、ウエストです。
スカートを見てみたら、ウエストゴムの下端が切り替えになっていて、簡単に裏地を縫い付けられる構造になっていました。ラッキー☆
切り替えの所に裏地を縫い付けました。
裏地のほうが一センチくらい長くて、脇の縫い目の近くにタックで寄せました。
しかし、食い込んでいるように見えて美しくないので、脇の縫い目の所にタックを持って来よう。
両脇を3センチくらいずつほどいて、タックを寄せて縫い直し。

うーん、裏地が付いたらラベルが見えなくなって、どっちが前か後ろか分かりにくくなったな。
表地には背中の所に小さなラベルがあったので、これを持って来よう。
ここの糸をほどいてラベルを取り外し。
普通、既製品のラベルは、ロックミシンのまつり縫いで固定してありますが、このラベルはまつり縫いの上に縫い付けられていたので、まつり縫いを切らずに取り外すことができました♪
同じ位置で、表地と裏地の間にラベルを挟んで、3センチくらい縫い直し。
ラベルが見えるようになりました☆
これでどっちが後ろか、分かるようになりました。

ウエストが終わったので、最後は裾上げ。
定規を当てながら、表地よりも3センチ上に裏地の裾が来るように折り上げ。
型紙で裁断していれば一律に生地端から3センチ上げていくだけでいいんですが、適当に5センチくらいで切っているので、場所によって長さが違います。
表地の裾と見比べて折り上げていったけど、今これを書いていて、ウエスト側から何センチ、で折り上げたほうが早かったかな…(^_^;)

折り上げたら、手縫いでしつけして留めました。
表地が裾から1.5cmの所に縫い目があるので、留めた裏地の裾も、裾から1.5cmの所を縫っていきました。
さて、生地端までの余った部分はどうしようかな。
長いところでは20センチくらいあって、短いところでは7センチくらいしかありません。
生地端に沿って縫い留めてもガチャガチャして汚くなるし、裾から7センチで縫っても、余った部分が垂れてきて、表地の下からはみ出てしまいます。

さっき1.5cmで縫って、裾の仕上がり位置は明確になっているので、それを基準にして、ロックミシンで等幅に切り落とそうかな。
裏地の丈を後から調整できるように、残す幅は多めにしたいな。
ロックミシンの目盛りでは1.5cm幅までしかないので、本縫いミシンで2.5cmの所に目印のしつけを縫い入れました。

本縫いミシンを脇にどけて、ロックミシンに置き換え。
手縫いのしつけを外して、余りの部分の生地端をロックミシンにかけました。

うむ。余りの部分が等幅になって、新たな生地端には新たなまつり縫いが施されました。
等幅になると、ようやく美しい裾になってきました。
人形に着せてみると、裾から1.5cmの所しか留まっていないので、等幅にした余りの3センチくらいが垂れてきました。
余りの部分を二つ折りして、本縫いミシンで縫い留めてみました。
跳ね気味の裾をアイロンで押さえて、完成かな。

夜7時になりました。
ニュースを見ながら夜ご飯。
お風呂。
夜8時半過ぎになりました。

うーん、等幅になったんだし、裾はやっぱり普通の仕上げ方にしたほうがいいか。
縫い目をほどいて、二つ折りをやめて、余りの部分の上のほうをミシン縫いで留め直しました。
アイロンの跡が付いちゃってるけど、やっぱり、このほうが形が自然だな。
裾が決まったので、裏地がめくれないようにする留めヒモ縫いを両脇に施して、スカートの裏地付けが完了!
夜10時になりました。

日記を執筆。
そろそろ夜11時になります。
1時間くらいゲームしたら寝ます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになったゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなくデザイン画を描いていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後、メンズ向けのカジュアル和服ブランド「ストリート・ジャパネスク」を始めました。

2015年にIT業の会社を退職し、個人事業主のファッションデザイナーになりました。起業後2年ほどはブランド運営をメインに活動していましたが、現在は、ブランドのほうはほぼ在庫発送のみです。

現在のメイン業務は、オーダーメイドでの衣服の作製です。和服・洋服・メンズ・レディース問わず対応しています。デザイン/型紙(パターン)作製/縫製を1人でやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示