FC2ブログ

柄:曲水の宴

もたもたしているうちにちょっと時期がずれてしまいましたが、どぞ。
柄:曲水の宴
曲水(きょくすい)の宴とは、奈良・平安の頃の貴族の間で行われた、お花見の時の遊びで、
庭の小川に盃を流し、盃が自分の前を通り過ぎる前に一句、和歌を詠むというものです。

バラエティ番組でよくあるリズムに合わせて系と同じような感じですねw
盃が流れ過ぎるまでに詠めなかったら罰ゲームこそないかも知れないけど
参加人の心の中で「バーカw」と思われるという恥にみまわれる遊びですw

お花見と、遥か遠き日の様子をしのぶ一句があるといいかなと思って
消えつつある記憶からひねり出てきたのが、とりあえずこの句です(^^;)
別の句バージョンも作りたいなぁ。

調べたところ、この句は、平安時代に
古都の奈良から、京の都へ、桜の枝が献上された時に添えた句なんだそうです。
詳しくはこちらとかを参照してくださいな。

桜の咲く土手でこのシャツを着て草の上に寝っ転がりたい!
花と眠るもよし。
暖かい日差しを浴びるもよし。
春風に乗せて遠い日に思いをはせるもよし。

1000年経った今でも桜を愛し鑑賞する我々人々がいることを伝えるもよし。
スポンサーサイト



テーマ : オリジナルTシャツ
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになったゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなくデザイン画を描いていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後、メンズ向けのカジュアル和服ブランド「ストリート・ジャパネスク」を始めました。

2015年にIT業の会社を退職し、個人事業主のファッションデザイナーになりました。起業後2年ほどはブランド運営をメインに活動していましたが、現在は、ブランドのほうはほぼ在庫発送のみです。

現在のメイン業務は、オーダーメイドでの衣服の作製です。和服・洋服・メンズ・レディース問わず対応しています。デザイン/型紙(パターン)作製/縫製を1人でやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示