09/08のツイートまとめ

Ko_Oogi

五輪は東京に決まったのか。。(脱力) やる理由は結局「やりたいからやるんです!たまたま震災もあったし、ついでに復興を目指すも理由に使えるじゃん」で通したのか。
09-08 09:25

先程今まで思っていたことをつぶやいたけど、 そのあと今日の最終プレゼンの報道を少し見たので、意見を書きます。
09-08 13:45

1.日本のマスコミが五輪に対するいろいろな考え方を取材しようとせずに諸手を上げて五輪賛成の報道をしまくったから、日本はこれからどんな国に変わろうとしていて、スポーツの分野で世界にどんな貢献ができるのか、 という視点がなかなか伝わってこなかったので、私は今までは賛成しなかった。
09-08 13:46

2.「日本は『震災の見舞いに対する感謝』と『おもてなしを大事にする』 『治安が良くて社会インフラも整っていて安心』な国」で、五輪関係者と来訪者にそれを提供する、と訴えた。 その方向性が五輪終了後も日本全体で持続されるならば、うちら都民の税金を使って開催することに反対はしない。
09-08 13:46

3.最終プレゼンでの提案内容のほかに、20年五輪に盛り込むテーマに入れたほうがいいと思う事が、あと2つある。
09-08 13:47

4.1つめ。64年大会のときは「アジア初の開催となることで五輪の理念がアジアに広まる」というのを理由に挙げていたそうだけど、 あれから50年経って、スポーツをやりたい人に日本はどれほどスポーツをやれる環境を提供できたのか 報告するべきなんじゃないの?
09-08 13:47

5.ブラジルや韓国や台湾に野球を広めたり、 欧州各国のリーグを見本にしたJリーグを作って国内でサッカーの裾野を広げたり、 柔道で人生をつくっている人が世界に沢山いたり、 より良いスポーツ用品や、義足などのハンデ克服用品を作っている日本のメーカーだったり、 ネタは色々あると思う。
09-08 13:48

6.2つめ。まだ多くの日本人が 「日本人選手が活躍して、日本人が感動できて、日本が経済的にもうるおう五輪をやりたいんです」と思っていないか?世界の人が見たら、自己中な招致理由だなと映るんじゃない?石原も猪瀬も五輪=昭和の経済成長 のイメージに捉われすぎてる。
09-08 13:49

7.日本人選手の活躍と日本国内の盛り上がりだけを期待していては世界の人の共感は得られない。 多くの日本人がこんな20世紀的な発想を引きずったまま7年後を迎えるなら、五輪は時期尚早だよ。
09-08 13:49

8.21世紀的な五輪は、スポーツの環境をつくる人・スポーツをやる人・スポーツを観た人が どの国の人でも・どこにいても・気持ちを共有できる、平和と文化と技術と共感の恩恵を受けた祭典だと思う。だからロンドンは選手や会場からのツイッター発信とかを提案した。
09-08 13:50

9.東京の招致に21世紀らしさを出すには。 20世紀では選手などのスポーツをやる人が主役だったけど、道具を作る職人や、運営スタッフをしている人や、観戦している人をネットなどのメディアでつないで、選手と同じく主役にすると、五輪は平和に必要な「共感の祭典」にできるだろう。
09-08 13:50

10.災害等でスポーツをやれる会場・道具・やれる仲間・観る仲間・観る手段を失ったときに、 それらをどのようにそろえて再出発しているのかを報告して世界に示すこともできるだろう。 7年後の大会が、少なくとも今日プレゼンされた内容を反映できているか、都民として監視していく。(おわり)
09-08 13:50

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示