FC2ブログ

ファッションデザイナー生活 59日目

朝7時過ぎから制作作業を開始しました。
スカートの表地のマスターパターンから型紙を作ります。大きいので、まずは紙を継ぎ足して必要な大きさを確保します。

普段はBGMを掛けるか、もしくは何も掛けずに作業しているんですが、今日はニュースメールで火山が噴火した事を知り、ツイッターを見たらNHKが中継していると知ったので、珍しくテレビをつけて作業しました。

テレビをつけて作業したのは東日本大震災以来ですねえ。とはいえ、当時は服飾の学校に通っている時で、宿題に埋もれていた時期だったので、画面を見る余裕はなくて、音声だけ聞きながらひたすら宿題をやっていました。

3月12日もテレビをつけながら縫製の宿題をやっていて、午後3時頃に素材を切らしてしまったので新宿に買い足しに行ったんですが、

新宿についてアルタの街頭テレビで、原発が爆発した映像を流していて、ああ爆発したんだ、でも自分は買い物に行かなきゃ(T-T) という状態でしたねえ。

12日~13日の土日は、テレビのほぼ音声報道だけで被災状況を聞きながらひたすら宿題をやっていて、さすがに世の中が大変なことになっているのに目もくれずに宿題をやらなければならない自分が人として悔しかったですねえ。

ほかにもテレビをつけながら音声だけで宿題をやっていた頃として、(真冬の寒い時期だったから恐らく)サッカー男子のアジアカップがありましたねえ。

ワールドカップ南アフリカ大会の日本代表戦はさすがにがっつり観ましたが、アジアカップのときは宿題に追われていたので、日本代表戦は歓声が大きくなったら顔を上げて映像を見る、それ以外はひたすら色鉛筆でデザイン画を描いていました。

まあしかし、服飾学校の同学年の生徒さんには東北出身の人も結構いて、実家が流されたりなど、宿題どころではなくなったという人が多くいたので、宿題に打ち込める程度の被災だったのは幸せという見方もできます…。

宿題漬けの生活は辛かったので私としては到底幸せだとは言いたくないですが…(´д`|||)

当時に比べたら今は自分のペースで制作できるので、テレビも映像を見ながら作業することができました。

実家にいた頃は顔を上げないとテレビが見えなかったのが、今は床に直置きで比較的画面も大きいやつなので、顔を上げなくても目線のちょっとした上げ下げだけで見れるのが大きいかな。

ミシン中だと目はそらせないですが、今日はたまたま床一面に紙を広げての作業だったので、テレビを見ながら作業するには絶好の日でしたね。

夕方6時まで掛かって、スカートの表地の型紙ができました。
良い環境でしっかり作業して、満足度の高い一日でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになったゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなくデザイン画を描いていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後、メンズ向けのカジュアル和服ブランド「ストリート・ジャパネスク」を始めました。

2015年にIT業の会社を退職し、個人事業主のファッションデザイナーになりました。起業後2年ほどはブランド運営をメインに活動していましたが、現在は、ブランドのほうはほぼ在庫発送のみです。

現在のメイン業務は、オーダーメイドでの衣服の作製です。和服・洋服・メンズ・レディース問わず対応しています。デザイン/型紙(パターン)作製/縫製を1人でやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示