本日の日記

9時に起床。

今日の商談で使う資料に、補足事項を手書きで追記。
肌着として使う襦袢(じゅばん)や、着付け用品は貸し出しできないよ、着物用のハンガーなら貸し出しできるよ、などなど。

出かける支度をしていたら、紙生地メーカーさんからメールが来ました。
今日の商談とは別件のほうですね。
無理かな、と予想していたインクジェット印刷は、一応可能という返事でした。
熱に弱いとのことなので、染色工場さんで対応できるか、京都の染色工場さんの資料を出して確認。
資料には、同じく熱に弱いナイロンを扱えると書いてあったので、大丈夫そうな気配ではありました。
が、インクジェットの印刷費が 1mにつき 1000円と書いてありました。
浴衣は1着あたり 5m くらい使うので、印刷費だけで 5000円くらい行ってしまう!
これでは使い捨ては無理ですね。

紙生地メーカーさんで印刷してもらう場合は、最小ロットが6万m からだそうです。
浴衣に換算すると、1200着ですね。
はっぴだと 3mくらいだから 2000着か。
1回の発注でそんなに欲しがる宿泊事業者や飲食事業者は居なさそうだなー。
というか、そんな大手はうちには来ないだろうな、というのが正しいw
まあ、当面は既存柄で作ることを前提に進めて、1200着以上/2000着以上発注するならオリジナル柄もやれるよ、というビジネスプランにしようw

商談場所の喫茶店に到着。
相手の方ももう到着されていました。
私からはリースの手続き方法などを中心に説明して、あちらからは浴衣試着イベントの内容を説明してもらいました。
試着イベントで、司会進行やコーディネートのアドバイスをする講師を募集しているとのことで、来週の土曜日の回がちょうど担当者未定で困ってるから、ストジャパの浴衣を持ってきて講師をやらないか、と勧められましたw
スケジュールを確認したら、空いてるw (またフィギュアスケート観戦が犠牲になるけどww)

ということで、講師をやることになりましたww
イベントの内容としては、参加者に合う柄を参加者同士で選ぶことと、選んでもらった商品を試着してもらう、というもので、持ち時間はたったの 30分!
参加者は 10人程度の見込みだそうです。
時間的に、参加者が2回くらい はおるだけで終わるよーな形になりそうなので、伝統的な着付けをやれない私でも大丈夫だ!(笑)

試着イベントでは、相手のスタイリストさんが講師をした場合で、その場で参加者が商品の購入を決めた場合は、販売仲介手数料をブランドから取っているとのことでした。
でも、手数料は定率ではなく、ブランドの意向で自由に率を決めて良いそうです。なんて優しい!
うちの浴衣について、小売価格と、頭のなかにあるおおよその原価をもとに電卓で計算して、2割で折り合いました。
ブランドによって2割~5割とのことだったので、恐る恐る2割と提示してみたら、それぐらいもらえれば十分すぎる額です、と喜んでくれたので、ほっとしました。

しかも、うちらブランド側の人間が自分で講師をやった場合は、相手側は商品紹介活動をしていないので、仲介手数料は取らないとのことです。
えーーー!なんと優しい…。
場所代や会食代は参加者から取っているからだそうです。
ということは、来週の私が講師をやる回は、売れたら手数料なしで小売価格が全額こちらに来ます。うおー。

という感じで、とても良い商談ができました。
来週のイベントに向けて準備しないとな。
洗濯ラベルやブランドネームラベルがまだ付いていない3着に縫い付けしたり、イベントで使いたいキーワード掲示ボードを作りたいな、てゆーか名刺もそろそろ足りないから印刷しないとなw

相手と別れて、地元駅に夕方4時頃に戻ってきて、駅前で食事。
一旦帰宅して荷物を置いたあと、自転車で買い物。
夜6時に帰宅。
買ってきたブドウを食べながらニュースを視て、お風呂に入って、日記を記入。
夜10時になりました。
なぜか脚がだるいから、寝ようかな…。

本日の日記

9時に起床。

明日の商談で説明する項目や質問項目を書類にして印刷。
午後2時になりました。
食事をして、そのあとは展示会物品を片付け。
9割完了しました。
羽織に使った生地や糸の品番などを製品材料一覧に記入。

夜6時に食事して、買い物へ。
まだ雨が降っていて、しかも風が強くてかなり濡れました。
牛乳を買って、これで明日の朝ご飯はおっけー。
夜7時に帰宅。

本日の日記

9時に起床。

展示会で名刺交換した人のうち、見込み顧客などに対して、お礼やサービス案内をメール。

旅館用の浴衣を欲しがっていた人には旅館浴衣の卸業者さんを紹介したり、同人グッズとして浴衣縫製の依頼を考えていることについては、洋服やカバンも縫製できるよーと伝えたり、コスプレ衣装も作れるけど、鑑賞用でホンモノ仕様1点モノのキャラクター衣装を作るのを勧めてみたり。

紙生地のメーカーさんには、質問事項と、試作品の寸法や用途などを連絡。
試作品を作ることは問題ないんですけど、量産が問題です…。
使い捨てできる値段にするためには大量生産が必要ですが、うちでは量産はできないので、外国の縫製工場へ外注することになります。
この紙生地製品の収益性や、うちの資金力に照らし合わせたビジネス形態の良し悪しを考えてみました。

また、生地の値段も、最も経済的な水準にするにはコンテナ発送で2反、1反=6万メートルということなので、浴衣の単価がいくらになるのか計算。
材料費の資金を用意できるのかも確認。
1反が 500万円くらいだと思われるので、受注生産体制にして、注文が来たら地元自治体や金融機関から融資を受けて材料発注して、顧客から材料費を回収して返済する形になりそうですねぇ。

浴衣向けの生地柄デザインを提供するビジネス形態も考えましたが、デザイン作成に自信があるわけではないし、やっぱり利益がほとんどなかったとしても量産の受付窓口をやるほうが良いかな。

紙生地メーカーさんには、試作品の種類として、浴衣だけでなく、「はっぴ」と「のれん」も作ってみることを伝えました。
「はっぴ」は飲食店での来客配布用、「のれん」は避難所設営用品で、各世帯個室の入口目隠し用です。
いずれも試作品ができたら、ビアガーデンや段ボールメーカーなどに営業しに行く予定です。
のれんについてはストジャパ製品というよりも、おまけですね。
紙生地メーカーさんへのお礼を含めた遊び心、ですかね。

夜6時にメール送信作業が完了。

本日の日記

10時過ぎに起床。
昨日の日記を執筆。

メールを返信して、水曜の打ち合わせのときに使う、サイズに関する資料を作成。
打ち合わせのときに話す項目を洗い出し。

そのあとは浴衣をアイロン掛けてたたむ作業を5着くらいやりました。
午後5時前に終了。

昨日の日記

11時過ぎに起きました。

溜まっていた洗濯物を干して、展示会で展示した浴衣をハンガーに掛けて部屋のなかに吊るし、そのほかの物品を片付け。

半分ほど整理したあと、数日分の経費を会計処理。
Facebookの投稿やページをフォロー。

昨日メールをくれたスタイリストさんへ返信。
スタイリストさんのホームページも確認しました。

午後5時になりました。
買い物して、料理して、7時のニュースを見ながら夜ご飯。
お風呂に入って、ゲームして過ごしました。夜11時半くらいに就寝。

本日の日記

7時に起床。
昨日もそうだったんですが、疲れているのになかなか寝付けなくて、朝起きるのが非常に辛いです。

9時半過ぎにブースに着いて、昨日声を掛けてくれたラインストーン屋さんの人にうちの資料を渡すべく相手のブースへ。
まだご本人は到着していないとのことで、ブースの人に資料を託してきました。

10時半にお弁当を受け取り。
今日は早いなぁ。
会場全体の配達量が少ないのかな。

今日も午前中はぐったりしていましたが、今日はパソコンを持ってきたので、紙生地で作りたい浴衣のオリジナル柄をデザインしてみました。
柄のデザインをやるのは初めて。
幾何学模様を描いて配色していくのはまあまあ順調にいったんですが、出来上がった柄を浴衣のイラストに配置してみると、想定とは違う雰囲気になりました。
それと、柄合わせが必要な模様になってしまいました。
1種類目は保留にして、2種類目を描いてみました。
かなり雰囲気は想定に近くなってきましたが、まだちょっと一部のバランスが悪い…。
あとで調整しよう。

紙生地のメーカーさんのブースにももう一度行ってきました。
うちの資料を渡して、最小ロットや印刷について聞いてきました。
この紙生地で浴衣サンプルを縫製して、うちと先方のメーカーさんにもあげたいことを伝えたら、ぜひ作って、うちに欲しいと言っていました。
メーカーさんはブースを訪れた顧客に「浴衣も作れる生地ですよ、と言ってはいるけど、実際に作ったことはまだないんですよ。だから是非!」
とのことでした。
20mくらいで販売することは出来そうとのことでしたが、印刷は通常の染色工場さんではできない可能性が高いらしい。
後日、メーカーさんの技術部門の人に確認してもらうことになりました。

自分のブースに戻ってきて、店番しながら柄デザイン作成をしていたら、浴衣リースに興味を持ってくれた人が。
消費者向けの衣服コーディネート提案をしているスタイリストさんでした。
そんな職業があるんですね!
夏に浴衣のスタイリングを楽しむイベントをやっているんだそうですが、浴衣を集めるのに苦労していて、リースはめっちゃ助かる!とおっしゃってました。
うちがそろえている柄チョイスも気に入ってくれたようです。
先方のお時間に余裕が無かったので、資料を渡すだけにして、後日あらためて会うことになりました。

夕方には、フランスのテレビ曲のリポーターさん1人が来て、うちのブースと浴衣をリポートする映像を撮影していってくれました。
ジャパンエキスポにも来場していたそうで、うちのブースを見て、なんか見たことあるな、と感じたそうですw

主催社に勤務している同級生の友人も再び来てくれました。
来週の土曜日に夜ご飯を一緒に食べることになりました。

午後6時に終了して、撤収。
今回は手際良く片付けることができて、30分で撤収できました。

地元駅で夜ご飯を食べて、食後に店内で日記を書いて、夜9時半過ぎになりました。
これから帰宅します。のんびりしよ~。

本日の日記

7時過ぎに起床。
8時過ぎに出発して、9時半過ぎに到着。
停車駅が少ない通勤快速に乗ったら、30分立ちっぱなしになってしまいましたorz
ブースに着いたらぐったり。
午前中はくたばってボケーっと座っていました。

洗濯ラベルを作ってくれている工場の社長さんがご挨拶に来てくれました!
札幌のお方なので、お会いできて光栄でした。
うちはこれからリースに向けてリネン業者さんを探す予定であることを話したら、持ち込み浴衣を洗ってくれるリネン業者さんはけっこう居るよ、とのことでした。安心した!

前回知り合った染色工場さんのブースを訪問。
最近、浴衣用の印刷の案件が来ているそうで、着物用の生地の場合はどの大きさでどのように柄を配置すればいいのか分からないとおっしゃってました。
京都の工場さんなのに、分からないものなんですねえ。
よくある柄の配置や裁断寸法などをおおざっぱに描いてあげました。

お昼のお弁当で食事。

営業の人も2件来ました。
アメリカの商店街と提携してポップアップ店舗を企画している人と、渋谷ファッションウィークの企画をしている人。

午後3時頃になったので、店番しながら日記を執筆。

営業の人がまた1人来ました。
なんと某ラインストーン屋さん!
使ったことありますよ~と話したら、あちらも営業マンさんがプライベートで着物を着るんだとかで、意気投合(笑)
企業案内カタログと見本品をくれました。

夕方は一般エリアを散歩。
すると、100均の旅行用品売り場にあるような、使い捨て紙パンツなどに使われる紙生地を製造しているメーカーさんを見つけました。
1メートルあたり 70円だそうです。

話を聞いてみたら、旅館で外国人の宿泊客に浴衣を貸し出すと返却せずに持って帰られてしまうことがあるんだそうです。
そういえばイスラエルで出会った兄ちゃんも旅館用の浴衣を着ていたな。そういうことかw
で、持って帰られてもいいように、この使い捨て生地で配布用の浴衣を作るといい、というアイデアをもらいました。
オリンピックに向けて浴衣の事業をやっているのはとても将来性があると言ってくれました。
見本品と資料をいただきました。

午後6時になったので帰宅。
帰りの電車の中で、あの紙生地を使った和服のアイデアがいろいろ湧いてきました。
オリジナルの柄を印刷して、浴衣か和服型のレインコートに仕立てた展示用の見本品を作りたいですねぇ。
男性も女性も使えるように、モノトーン3色+紫1色という色合いで、柄合わせが必要ない、にぎやかな配置の柄にしたいですね。
この生地への印刷をどのようにやっているのか明日聞いてみよう。

夜7時過ぎに帰宅して、帰り道にスーパーで買ってきたお惣菜で夜ご飯。
また資料を追加印刷して補充。
夜9時半になりました。
お風呂入って寝よ~。

本日の日記

朝7時に起床。激ねむ。
朝ご飯を食べて、食後はいつもの紅茶ではなく昨日友人からもらったコーヒーにしました。

朝8時に出発して、9時半過ぎにブースに到着。
前回知り合ったデザイナー仲間のうち、上の階に配置されている人たちのブースへ訪問。

自分のブースに戻ってきて、しばらく店番。
通りすがりの人たちのなかでリースに興味を示してくれる人がちらほらいますね。
そのうちの名刺交換してくれた1人にうちの資料を渡しました。

昨年の創業セミナーで知り合った人が2人来てくれました。
別々に来たので、それぞれとしばし懇談。

12時半になったので、先ほど届いたお弁当を開いて昼食。

浴衣製品に興味を持っているという方が声を掛けてくれたので、商談席にお通ししました。
刺繍や印刷で、スポーツユニフォームの背番号入れなどをやっている業者さんでした。
顧客から「旅館で宿泊客に貸し出す浴衣製品を作れるか?」と聞かれたそうで、浴衣のことは全く分からなくてこまっていたそうです。
また、同人活動でオリジナルキャラクターを印刷した生地を浴衣に縫製することは可能か?とも聞かれたので、Yesと回答しました。
うちで作る場合のことは資料を渡しながらかいつまんで説明し、必要に応じて旅館用の浴衣を卸している業者さんや、浴衣の縫製工場などを紹介することを伝えました。

小学校の同級生とも再会。
展示会主催会社に勤務していて、前回の展示会でも会っています。
新作の羽織を見せたりしました。
浴衣のうちの1つを気に入ったらしく、値段を聞かれたので、価格表を見せました。
販売だけでなく 4000円でレンタルをしていることも伝えたら喜んでいたので、貸す機会がくるといいなぁと思います。

前回知り合ったデザイナー仲間のうち、同じフロアの人のブース位置が判ったので、訪問しに行きました。
うちらデザイナー向けのミニブースではなく、一般の 30万円するエリアのほうに出展していました。
通りで見つからないわけだw
一般エリアだけあって凄く立派なブース演出がなされていました。
「デザイナーエリアはブースが狭すぎて世界観が出せないからもう出展はいいや、と思っていたら、友人から『良い配置の場所で一度やっておくべき!』と言われてこっちのエリアで友人の隣、且つホール入り口の横に出展した」とのことです。
なるほど、お金の問題さえなければ、ブース全体で圧倒的なほどの世界観を作って、なるべく良い位置取りで見せるべきなんですね。
この半年間のことを聞いてみたら、銀座にあるお店から制服を受注して、 150着納品したんだそうです。
ブース正面のマネキンにその制服が展示されていました。
前回知り合ったときも凄い人だなと思いましたが、相変わらず凄い活躍ぶりですねぇ。
彼女は和柄の生地を部分的に使った黒ベースのレディース洋服をやっています。
和ものブランドなだけに、彼女の仕事ぶりは、私の理想の将来像に近いですね。
いつかあのように製品納入して、日本人モデルで着用写真をもう一度撮って、一般エリアに出展できるようになりたいなぁ。
そのために黒字化を頑張ろう。

帰りがけに少し一般エリアを散歩して、ブースに戻りました。

前回知り合った貸し店舗の業者さんも挨拶しに来てくれました。
店舗スペースは頻繁に変更しているそうで、最新のスペースリストをくれました。
借りる人はどんな業種の人が多いのか聞いてみたら、アパレル(婦人服)が多いんだそうです。
売り上げ額は人によりけりだけども、多い人は 100万円くらい売り上げるとのことでした。
凄いですね。天気を見ながら旬の婦人服を大量に売りさばくんでしょうね~。
日本では大衆向けの服は無難な普通のものしか売れないので、うちにはやはり貸し店舗は合わないなと思います。

店番しながら日記を執筆。午後5時過ぎになりました。
展示会は午後6時までなので、あともう少しですね。

ブースの写真を撮りたいという人がいたので OKを出し、名刺と資料をあげました。

午前中に創業セミナーで知り合った人たちが来てくれたおかげで、ヒマせずに過ごすことができました。
初日からこんなに飛ばすとは予想していませんでした。
そのぶん明日あさっては閑古鳥だったりして…w

資料は3日間分として5部用意してきたんですが、なんやかんや3部渡して、初日のうちにあと2部になってしまいました。
夜ご飯を食べて夜8時過ぎに帰宅し、3部印刷して補充。

本日の日記

9時半に起床。

ブース名の読み仮名を書いた貼り紙を作成。
どの入場券が必要なのかを確認。
実演用のティッシュ箱や、お客さんが資料を入れられるようにA4封筒を追加。
12時少し前に出発。

展示場のブースに着いて、設営開始。
ハンガーラックとマネキン替わりの人形、机と椅子の配置を調整。
ハンガーラックの高さを調節して、ハンガーを増やして、浴衣を掛けていきました。
人形にズボンを履かせて、羽織を着せて、人形の高さを調節。

次は壁面。
ブランド名とデザイナー名が既に掲示されているので、その上にキャッチコピーを貼り、ブランド名の読み仮名を貼りました。
ブランドポスターとスタイリング写真パネルを貼り付け。

次は羽織と浴衣にポップ貼り。
羽織に施していたしつけ糸も取り去りました。

これでブースが完成。
4時間半掛かりました。
2時間くらいで終わるだろうと思っていたので全然違いましたねw

持ち帰る荷物と全部持って、ホール外へ。
届いていたお弁当を食べて、もう一度ブースへ戻りました。
床のじゅうたんに敷かれていたビニールが取り除かれて、本番仕様になっていました。
自分のブースに置いておいたミネラルウォーターを飲んで、ブースの様子をスマホで写真撮影。

今回はデザイナーエリアは上の階にもあるので、前回知り合った作家仲間のブースに寄ってきました。
夜6時半頃に会場を出ました。
帰りの電車の中で日記を執筆。
たぶん帰宅は夜8時頃だと思うので、お風呂入ってゲームして寝よう♪

本日の日記

9時半に起床。

インクを買ったスーパーへ。
残念ながら返品はできませんでした。まぁしょーがないね。
必要なインクを買い直して帰宅。

価格表を印刷。
続いてカタログを印刷。
かすれが直らず、写真用紙ではかすれが目立つので普通紙で印刷。
スタイリング写真は家で印刷するのを諦めました。

ポップを印刷して外周に装飾テープ貼り。
壁に掲示する写真バネルの背面に付けていた紐通し用の安全ピンを除去して、両面テープを貼り付け。
押し入れからスーツケースと在庫を取り出して、搬入品を荷造り。

卸販売、リース、レンタル、小売販売の各プランの要点を箇条書きにしたパワポ書類を作成して印刷。
各書類をPDFにして、USBメモリに保存。
コンビニに行ってスタイリング写真を印刷し、ファミレスで夜ご飯。

夜8時になりました。
前回は夜中3時まで格闘してたのと比べて、今回は最低限の物品しか用意しない省エネ展示にするので、無理なく準備し終えることができました。
スーツケースの中身も通常より3割減です♪
最後の展示会だと思うと感慨深いですね。

今日こそはゲームしよ~(*´∀`)
プロフィール

Ayako SHIOZAWA

Author:Ayako SHIOZAWA
國學院大學の神道文化学部を卒業したあと、戦国無双2をきっかけに日本LOVE魂に火がついて、和風の服のデザインを描くようになった元ゲーマーです。FtMのトランスジェンダーでもあります。

このブログを始めた当初は、現代でも通じるカッコイイ和風が見たい一心でなんとなく手を動かしていました。

2010年4月~2012年3月に、会社員をしながら週末に服飾の専門学校に通い、洋服の作り方、ブランドコンセプトの立て方などを学びました。卒業後から「ストリート・ジャパネスク」の商品として浴衣2点作り、販売し始めました。

2014年からフィギュアスケーターの羽生結弦選手にハマって、メールン・アフロディーテというブランドを考案しました。目下、レンタルに向けて商品開発中です。

2015年3月末に、それまで7年間やっていたシステムエンジニアの仕事を離職しました。ファッションデザイナーとして自分のブランドを営みつつ、たまにフリーランスで型紙作製などを行う個人事業主です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示